献上博多織

献上博多織は、福岡県福岡市を中心とする地域で生産される絹織物の制作技術です。この技術の基礎が築かれたのは室町時代末期で、その後江戸時代に入り、黒田藩が保護し、幕府への献上品として毎年提供されたことから「献上博多」と呼ばれるようになりました。献上博多織の主な製品は帯で、仏具の独鈷や華皿を図案化した独特の縞文様が特徴です。伝統的な製作技術では、経糸を密に配置し、緯糸を太くして、しっかりとした地合いを生み出します。この特性により、帯が硬く締まりながらもしなやかであり、刀を差すなどの激しい動きにも耐えることができます。そのため、男性用の帯として特に重宝されています。献上博多織は、その格調高い風合いと特性から今もなお高く評価されています。

一覧に戻る

画像の着物・帯は弊社で過去に買取したものです。

献上博多織の着物・帯の高価買取は是非、京都高級呉服買取センターにご相談下さい。

Free Dial 0120 075 529 Lineお友達登録!

Line 公式アカウントはじめました!
メールでは少しお手間な画像の送信も簡単に!

Lineお友達追加

【宅配買取】無料梱包キットのお申込み
【訪問買取】のお申込み
【店頭訪問】お持ち込みのお申込み
その他お問い合わせ
メール
電話

画像添付は3枚までご利用できます。(1枚3MB まで)
それ以上の画像をお送りいただく場合は下記メールアドレスに直接お送り下さい。(添付ファイルは10MBまでです。)

info@gofuku-kaitori.com

画像が大量にある、ファイル容量がよくわからない場合、Lineでのご連絡をご利用下さい。

Lineでご連絡

買取コース
お申し込み
Line

Menu