綾の手紬

「綾の手紬」は1966年に秋山眞和氏によって宮崎県東諸県郡綾町で生み出された織物です。この織物は宮崎県の指定伝統的工芸品として知られており、古くからの手作業によって、繭からの糸紡ぎから染色、そして織りまでの全ての工程が行われています。

その製法には室町時代に確立された「天然灰汁発酵建て技法による藍染め」や古代の紫「大和貝紫染め」、そして糸を浮かせて模様を織りなす「花織」などの伝統的な技法がふんだんに使われています。これらの技法によって作られる綾の手紬の作品は、美しい色調と絹の光沢が魅力的であり、また型崩れすることのない着心地の良さが特徴です。

一覧に戻る

画像の着物・帯は弊社で過去に買取したものです。

綾の手紬の着物・帯の高価買取は是非、京都高級呉服買取センターにご相談下さい。

Free Dial 0120 075 529 Lineお友達登録!

Line 公式アカウントはじめました!
メールでは少しお手間な画像の送信も簡単に!

Lineお友達追加

【宅配買取】無料梱包キットのお申込み
【訪問買取】のお申込み
【店頭訪問】お持ち込みのお申込み
その他お問い合わせ
メール
電話

画像添付は3枚までご利用できます。(1枚3MB まで)
それ以上の画像をお送りいただく場合は下記メールアドレスに直接お送り下さい。(添付ファイルは10MBまでです。)

info@gofuku-kaitori.com

画像が大量にある、ファイル容量がよくわからない場合、Lineでのご連絡をご利用下さい。

Lineでご連絡

買取コース
お申し込み
Line

Menu